mama* CLIP

妊娠・出産・子育てキロク 気になる情報をあつめます

健康だけが取り柄だと思っていた。まさかの緊急帝王切開になった話

昨年息子が産まれました。

在胎週数は39週。体重3000g超。何の問題もないお産でした。

そう、帝王切開した事を除けば。

身近な人で帝王切開になった人が居なかったので、まさか私が?の思いでいっぱいでした。未だに信じられない程です。

 

 

帝王切開になってしまった理由

もうすぐ40週になる日の昼間、里帰り先の実家で横になっていたらいきなり破水しました。

破水したらわかるのか?と考えていましたが、あれは絶対わかる。

お腹の奥でバチン!という小さな衝撃。やばい、なんか出そう。という感覚。

トイレに駆け込んだらザバーっと出ましたね。水が。

そこからすぐに病院にTEL。出産準備物を持って母親運転のもと病院へ向かう。

おまたにナプキンをセットして。

「破水だね。入院ね。」ニコっとサラっと言う院長。

やっときたー。ついにきたー。長かったー。体重管理ともおさらばだー。と、心中狂喜乱舞!

主人に入院決定のメールをして、陣痛を誘発するためのアロマを焚いて貰った。

ご飯が出たのを完食して、10分感覚で陣痛が来た頃、お腹に付けていた器具(胎児の心拍を拾うやつ)からアラート音が。

心拍、基準値の半分以下になった。

そこからはもう早かった。

ちょうど主人が到着したので、緊急帝王切開の説明をされて同意書にサイン。

理解が追いつかないうちに、1時間も経たずに産まれました。

腹を開けてみたところ、破水しすぎて羊水が全く無かったとの事。

苦しかったんだ。そう思いました。

そういえば、術後3日くらいは地獄の痛みでした。痛みで眠れない事なんてあるんだと思いました。

ももう殆ど忘れちゃいました。すっごい痛かったなー、しか覚えてない。

 

帝王切開にかかった費用

総額72万円

びっくりしたびっくりした。かかっても60万円くらいだと思ってた。

42万円を直接支払制度で、残りの30万円は退院時に現金で支払いました。

詳細はこちらの記事で

 

life1524.hateblo.jp

 

 

広告を非表示にする

スポンサードリンク